装着タイプ別に選ぶ乳首吸引器総まとめ

陥没乳頭で悩んでいて、「どうにか治したい」と考えている方は、一般的にはまず手術によって正常な状態に持っていくことを考えますよね。

しかし、手術費用の問題や、なにより自分の体にメスを入れるリスクを考えると、手術を決断するには高いハードルがあります。

ただ、陥没乳頭とひとことでいっても、その状態によっては、手術によらず、乳頭吸引器を使った「保存的治療」によって改善ができる場合があります。

では、どのような陥没乳頭の状態であれば有効かというと、

1.指で乳頭に刺激を与えると通常の状態に突出する
その後時間がたつと、自然に乳頭は陥没していく
2.ピンセットや搾乳機、吸引機で引っ張ると通常の状態に突出する
乳頭を引っ張ることをやめると、すぐに陥没していく

これらの状態は「仮性陥没乳頭」と呼ばれ、逆になにをしても突出しない場合は「真性陥没乳頭」と呼ばれています。

実際に病院に診察にいっても、陥没乳頭の程度によって、吸引器を使った治療をすすめられることもあります。

では、その「乳頭吸引器」はいったいどのようなものなのでしょうか?

乳頭吸引器は、装着タイプに分かれてさまざまな種類が発売されています。

ここではそのタイプ別に、現在国内で販売されているアイテムをすべてご紹介していきたいと思います。

乳頭吸引器はいったいどんなもの?

そもそも乳頭吸引器とは、陥没乳頭、もしくは扁平乳頭の乳首部分にノズルをあて、真空状態のもとで空気圧によって引き出し、一時的に乳頭を通常の状態にするための器具です。

空気圧の強い力で出すことができるので、指で出すよりもかなりの吸引力がかかって引き出すことができ、また、手で触るより清潔な状態でケアできることもメリットですね。

もともとは授乳時など今すぐに少しだけでも出したいという時に使用するアイテムで、使用時間も一回数分間と短いのですが、常時装着することで、突き出した状態をくせづけることで陥没乳頭を改善させる目的のアイテムも発売されています。

メリットとデメリットは?

吸引器を使った方法のメリットは、体を傷つけずに改善の効果が得られ、精神的、肉体的な負担が大幅に少なく取り組めるといえるでしょう。

また、手術や通院、診察などにかかる費用の面でも吸引器を使った方法のほうが大幅に少なくなります。

逆にデメリットとして、乳頭を突き出す状態をクセづけていくため、効果があらわれるまでにある程度の時間がかかること、すべての状態に効果があるわけではないこと、また長期的にみて元に戻ってしまう(後戻り)に対する十分なデータがないことが挙げられます。

最初に乳頭吸引器を使用する際の注意点

乳頭吸引器は空気圧で乳頭を引き出すという仕組みのため、はじめて使用するときには陥没している乳頭は出てくるクセがついていないため、痛みを感じることがあります。

クセがつくまでしばらくは痛みがあると考えておいた方が良いでしょう。

使いはじめてからなかなか乳頭がでないからといって、強い力で何度も吸引すると内出血をしてしまうことなどもありますので、最初の使用時は力加減にも注意が必要です。

使用前にマッサージやクリームを塗るなどして、乳頭が出やすい状態にしてから使用すると痛みをやわらげることができることがあります。

痛みや異常が続く場合は、すぐに使用を中止し、専門医か助産師の方に相談することがすすめられています。

また、どのアイテムも妊娠期には使用できず、安定期に入ってからの使用が推奨されていますので注意しましょう。

2018年現在では、装着タイプ別に、手動ポンプタイプ、電動ポンプタイプ、常時装着タイプと3つのタイプそれぞれ複数のアイテムが発売されています。

ここからはタイプ別にどのようなアイテムが発売されているか、ご紹介してみたいと思います。

最も安くて手軽に試すことができる手動ポンプタイプ

最も手軽かつリーズナブルに試すことができるのが手動ポンプ式の乳頭吸引器です。

もともとは、授乳時に一時的に乳首を出すための目的でつくられているのですが、毎日ケアし続けることによって、突出した状態にクセづけることも可能です。

価格も1,000円以内でおさまることが多く、ネット通販のほか、ドラッグストアなどでも購入することができます。

使用方法も、基本的にはお風呂上がりの体が清潔な状態の時に、乳頭に当ててポンプをプッシュするだけなのでとても簡単に使用することができます。

とりあえず、乳頭吸引器とはどういうものなのか試してみたいという目的の方にはオススメです。

ピジョン 乳頭吸引器

ピジョン 乳頭吸引器

メーカー:ピジョン
価格: 605円

産婦人科などでも配られている、メジャーな手動型乳頭吸引器です。

吸引口を乳頭にあてて、ポンプをプッシュするだけで強い空気圧が発生し、乳頭部分を引き出すことができます。

片手で簡単に使うことができ、強く押したり弱く押したりすることで吸引力の強弱をつける事も可能です。

ポンプと吸引口は外して洗浄する事ができ、吸引口を覆う保管カバーもあるため長く使っても清潔な状態をキープすることができます。

また、陥没乳頭矯正クリームである「ピュアナス」には、このアイテムが付属して、クリームとこの吸引器を併用することで改善効果がアップします。

最も安くで手軽に試したいという方にはオススメの乳頭吸引器です。

Amazonでアイテムの詳細を見る

カネソン ママダブル吸引器

ピジョン 乳頭吸引器

メーカー:カネソン
価格: 800円

乳頭の大きさに合わせて調節できる乳頭アダプターでサイズを調整してから乳頭に吸引ノズルを当て、ポンプで吸引する仕組みの手動型乳頭吸引器です。

ゴム球・吸引ノズル・乳頭アダプターの他に、母乳が出た時に母乳をためておくカップが付いている事から、授乳期に陥没乳頭を改善したい方にはおすすめのアイテムです。

すべてのパーツが取り外して洗う事ができ、電子レンジ消毒が可能な保管ケースも付いているので、吸引時に母乳がでてもしっかり洗う事ができるので衛生面的に安心ですね。

ピジョンの乳頭吸引器より若干高いですが、乳頭のサイズをあわせる事ができ、より清潔に使いたいという方にはこちらがオススメです。

Amazonでアイテムの詳細を見る

価格は高いが強力な吸引力で乳頭を引き上げる電動式タイプ

手動タイプよりも、より強い吸引力で乳頭を引き出す事ができるのが、電動式タイプの乳頭吸引器です。

価格は手動ポンプタイプよりも高いですが、手動タイプでは実現できない吸引力、そして同時に振動をさせて引き出す力をアップさせているのが大きな特徴です。

ドリームチャームアジャスト

ドリームチャームアジャスト

メーカー:オムニ
価格: 6,600円

乳房と乳頭の2つを覆う事ができる二重構造の吸引口を当ててスイッチを入れるだけで、自動で乳頭を引き出すアイテムです。

内側の吸い口は大きさ別に3種類ある為、自分の乳頭の大きさにフィットさせる事ができます。

内側の吸引口は電動で乳頭を吸引しながら外側の吸引口は毎分3000回の振動を与える為、吸引しながら振動により乳頭が自然に出てくる事を手助けしてくれます。

吸引口の押し離し、吸引と停止の繰り返しなど様々な刺激を加えながら、乳頭に対してアプローチする事ができます。

手動乳頭吸引器では結果を感じず、吸引と合わせて振動などのアプローチを同時にしたい方におすすめです。

Amazonでアイテムの詳細を見る

長時間装着し、吸引を続けることができる常時装着タイプ

手動ポンプ式のように一時的ではなく、1日中装着しつづけることによって、常に乳首が突出した状態を維持し、クセづけていくための乳頭吸引器です。

価格は1,000円台から、高いものだと10,000円近くするものもあります。

手動ポンプ式は、どちらかといえば授乳をしやすくために使うことが目的なのに比べ、常時装着タイプは陥没乳頭の改善のために開発されたアイテムが多く、長い時間装着し続けても違和感がないように設計されています。

ただし、一日中つけられる分、装着部が蒸れやすくなるため、乳頭部の細かなケアは必要になりますし、素材のフィット感には個人差があります。

ピペトップ

ピペトップ

メーカー:原沢薬品工業
価格: 6,480円

ポリエチレン製の透明な色をした装着型乳頭吸引器。

直径1.6cmと小さくブラジャーをしたまま装着が可能な為、最初の1ヶ月は入浴時を覗いて、可能な限り24時間装着することをメーカーが推奨しています。

ピペトップのキャップ部分

実際使うときには、バネ上のキャップを指で縮ませ、そのまま乳首の部分に押し当てて、指を離すと空気圧の力によって自然にくっつけることができます。

吸引力はそれほど強くなく、外すときも軽く引っ張るだけでとれるので、痛みは少ないかと思いますが、日常生活でつけ続けていると、ブラジャーや服と擦れたりしてとれることもあるかもしれません。

これを装着→入浴→マッサージ→装着という流れで1ヶ月間使用し続け、1ヶ月以降は1日2回、2ヶ月後は1日4回ピペトップを外して乳頭のマッサージをします。

ピペトップの効果については、論文でもきちんと紹介されていて、仮性陥没乳頭の状態の方ではほぼ乳首が突出した状態を保つまでに改善しており、手術が必要な真性陥没乳頭の状態でも半数以上で治ったという結果がでています。

ちなみに、論文には続きがあり、 “永続的な矯正が得られなかった有効例や著効例では、後戻りを認めたが、軽いマッサージで突出する状態となった。” とも書かれています。

効果がきちんと証明されている乳頭吸引器を使いたいという方におすすめできるアイテムです。

Amazonでアイテムの詳細を見る

グッドニップル

グッドニップル

メーカー:サンライズコーポレーション
価格: 9,500円

乳頭にフィットするシリコン製のキャップをあて、下のポッチに注射器(シリンジ)を使って空気を吸い込むことで空気圧により乳頭を突き出させます。

透明のカバーのため乳頭の状態が見えるようになっており、先端に乳頭がでてくるまで注射器で空気を抜いたら、注射器を外しそのまま日常生活ができるという装着型の乳頭吸引器です。

使用時間もピペトップと同じように24時間の装着が可能です。

しかし、装着するキャップ自体はやや大きいため、外出をする際は大きめの服を着用するなどして隠す必要があるでしょう。

装着型の中でも、注射器を使って吸引するため、空気圧は比較的強く、途中ではずれることも少ないため、寝ている間もしっかり対策をしたいという方にはオススメです。

Amazonでアイテムの詳細を見る

プチパッドα

プチパッドα

メーカー:カネソン
価格:1,200円

乳頭のサイズにあわせてS,Mが選べる装着型の乳頭吸引器。

幅3.4cm高さ2.5cmほどのシリコン製のプチパッドαを、乳頭に覆いかぶせて先端を押す事で装着し乳頭を吸引する事ができます。

強く押す事で強い吸引、弱く押す事で弱い吸引となり自分で強さは調整する事ができます。

保管ケースも付いており、使用後は保管ケースごと電子レンジでチンするか、熱湯の中にプチパッドαをいれて煮沸してケアしましょう。

装着開始後3日間ほどは乳頭の状態を確認しながら、うっ血などがないか確認しましょう。

また、1ヶ月近く使用して改善されないようであれば、病院で診てもらうように公式サイトでは記載されています。

装着型の中では最も低価格のため、装着型乳頭吸引器が自分に使えるかどうか試してみたい方にオススメです。

Amazonでアイテムの詳細を見る

チェリートップ

チェリートップ

メーカー:昭光プラスチック
価格: 2,678円

直径3.6cmとやや幅は広いですが、高さが2cmと薄いため、ブラジャーをつけたままでも装着する事ができます。 抗菌剤入りのシリコン製のため、衛生的に安心で日中はもちろんお風呂の中でも使用する可能です。

ほかの装着型乳頭吸引器は無色透明なものが多いですが、チェリートップは肌色のため、装着時には目立ちにくいというのも特徴です。

24時間装着できるタイプには、先ほど紹介したピペトップもありますが、コストパフォーマンスの面で見るとチェリートップの方がリーズナブルに購入でき、サイズもコンパクトになっています。

Amazonでアイテムの詳細を見る

プチフィット

プチフィット

メーカー:原沢薬品工業
価格:3,218円

装着型乳頭吸引器のほかに、ローヤルゼリー配合ローションもセットで付いている商品。

他のアイテムと違うのは、ローヤルゼリーローションが付属していて、装着する部分にさいしょに塗っておくことで、吸着効果がさらに上がります。 柔らかいポリエチレン製で付け心地もよく、ブラジャーをしたままでも装着できる大きさのため、1ヶ月間はお風呂をのぞいてできるだけ24時間装着する事が推奨されています。

プチフィットの本体

ローションゼリーを塗ってから、最初に軽く乳首の部分に押し当てて、指で先端部分を強く押すして離すと、空気圧によって吸引されます。

ゼリーの粘着効果で思いのほか、力が強いのが特徴ですが、ベタつきが多少ありますので夏場などはこまめなケアがかかせないでしょう。

再度つけるときは洗浄が必要ですが、電子レンジや煮沸での消毒は対応していないので、気をつけましょう。

ローションがついているのは装着型でこの商品だけなので、装着時の違和感を少なくしたい方にはオススメです。

Amazonでアイテムの詳細を見る

自分の生活スタイルに合わせて使い続けられるアイテムを選ぶことをおすすめ

ここまで、さまざまな種類の乳頭吸引器をご紹介しましたが、見ていただくとわかるとおり、まず吸引する時間によって使い方が大きく異なることがわかると思います。

1日中装着はできない、お風呂上がりなどで時間を決めて取り組みたいという方には、手動ポンプ、電動式からの選択になりますし、とにかく陥没乳頭をしっかり改善していきたい!という方には常時装着型がおすすめになります。

どのタイプでも基本は使い続けることが前提になりますので、まず、自分の生活スタイルにあったものなのか、また、ずっと装着できるか、お風呂上がりなどの一時的な時間だけ使用したいのかよく考えてから検討してみてはいかがでしょうか?

※このサイトは、株式会社ピュアナスが陥没乳頭への啓発を目的に情報を提供しているサイトです。サイト内で紹介している具体的な医療機関への診療方法については情報提供も行うことができません。診療方法等については、直接医療機関にお問い合せくださるようお願いいたします。
くわしい運営者情報はこちら